コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

バルクタンク乳検査培地写真

コンテンツタイトル下地

黄色ブドウ球菌―伝染性乳房炎菌

黄色ブドウ球菌

  • 搾乳時に乳房から乳房へと感染し、潜在性乳房炎としてバルク乳の体細胞数を増加させる。
  • バルク乳目標値:ゼロ
  • <X-SA培地>

レンサ球菌

無乳レンサ球菌

  • 伝染性乳房炎菌で、潜在性乳房炎を発症。
  • 目標値はゼロ

無乳レンサ球菌

  • 多くの菌が含まれ、急性や難治性の慢性乳房炎の原因となる。
  • 難治性原因菌には、S.ウベリスやエンテロコッカス属などが含まれる。
  • これらの菌は、エスクリン陽性レンサ球菌(E-Strep)と呼ばれている。
  • 目標値:400cfu/ml 以下
  • 目標値はゼロ

大腸菌群

  • 大腸菌群は大腸菌、クレブシェラ、セラチアなどが含まれる。
  • 乳頭衛生が不十分な場合に増加する。
  • 牛床衛生も重要である。
  • 目標値:10cfu/ml 以下
  • 敷料の細菌数のモニタリングを行うことが重要である。
  • <マッコンキー培地>

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

お問い合わせは

〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町皆野2083

メールでのお問い合わせはこちらから

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る